×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

子宮筋腫のホルモン療法

子宮筋腫の治療方法の一つ、ホルモン療法についてです。

婦人科疾患は、女性ホルモンが関係しているものが多く、適切なホルモン剤投与により治療が可能と言われています。

ホルモン剤やホルモン療法の種類は多く、また副作用も個人差がありますので、その人に合ったホルモン療法を適格に選択する事が大切です。

ホルモン療法には、「偽閉経療法」と「ミレーナ」というものがあります。

偽閉経療法は、注射と点鼻薬があります。

リュープリンやスプレキュアなどのホルモン剤が使用されます。

注射の場合は、月1回で、治療は6ヶ月が1クールとなっており、6ヶ月治療後は4〜6ヶ月休薬します。

子宮内膜に接している粘膜下筋腫では、使用中の大量出血のリスクがあり比較的禁忌とされています。

閉経間際の場合は、閉経を早め手術を回避する事もあります。

また、筋腫核出術の前に、術中出血の減少を図るために投与するケースもあります。

副作用は、更年期障害・骨粗しょう症などがあります。

ミレーナは、黄体ホルモンを子宮の中に持続的に放出する子宮リングを装着する治療方法です。

子宮内膜の増殖を抑え、内膜がうすくなり、月経量は減少し、月経痛も改善されます。

子宮内膜のみに作用するので、全身への影響が少なく、排卵も維持されますので、更年期症状は出現しないそうです。

子宮内リングは、月経開始後7日以内に挿入します。

装着後はそのまま帰宅できます。

1回の治療で、最長5年間有効ですが、年に2〜3回の検診が必要のようです。

リュープリンは、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制する、注射薬です。

体内に入ると主成分であるリュープロレリンは、4週間にわたってゆっくり分解され、その間一定の濃度に維持されます。

リュープロレリンは当初、避妊薬や不妊症治療薬として開発が計画されましたが、ホルモン分泌を抑制する効果が判明し、ホルモン依存症のガンの治療薬として研究が進み、日本では1992年に前立腺ガンの治療薬として承認され、その後、閉経前乳ガン、ガン以外では子宮筋腫や子宮内膜症などの治療薬として追加承認されています。

子宮筋腫では、筋腫核の縮小及び症状の改善などに使用されます。

スプレキュアは、薬品としての一般名はブセレリンという、点鼻薬です。

下垂体-性腺系機能抑制作用があり、鼻腔内に噴霧後1〜2週間で性ホルモンの分泌を抑え始め、以降使用を継続することで性ホルモンの分泌を抑え、卵巣機能を抑えます。





オススメサイト

100%失敗しない簡単に
二重まぶたを定着させる方法




リンク集