×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

子宮筋腫の検査

気になる症状がある方は、まず病院に行って検査をする事が大事ですが、特に若い方は産婦人科へ行く事に対して、抵抗がある方もいらっしゃいます。

大変な病気だと診断されたらなど不安に思ってしまったり、どんな検査をするのか知らないから不安に思っている方も少なくないと思います。

そこで、子宮筋腫の検査方法についてまとめました。

外診は、下腹部にこぶや炎症がないかなどを確認します。

内診は、膣内とお腹の上に手をあて、子宮の大きさや形、表面の状態や硬さなどを調べ筋腫がある場合は、周囲との癒着を起こしていないかを調べます。

超音波検査(エコー)は、超音波を出すプローブという器具をおなかの表面にあてて、子宮や卵巣などにあたってはね返ってきた音波をモニターで画像として映し出します。

経膣エコーといって、細く長いプローブを膣の中に入れて、中から超音波をあてて見るというのもあります。

CT検査・MRI検査は、CTで身体の断層の写真を撮り、必要に応じてMRI検査となります。

筋腫の種類や大きさなどが詳しく分かります。

細胞診は膣鏡診の時に綿棒で子宮頸部の表面をこすって細胞を取り、がんの心配がないかも併せて調べます。

血液検査は、ホルモンのバランスや貧血の有無を調べます。

異常があれば精密検査を受ける事になります。

病院によっては異なるかもしれませんが、問診後にエコーで画像を見て、問題が無ければ他の検査はしないと思います。

費用は問診とエコーでしたら3,000円程度、MRIは10,000円程度です。

検査自体は、怖いものではないので、気になる症状がある方は、お早めに受診される事をオススメします。







オススメサイト

100%失敗しない簡単に
二重まぶたを定着させる方法




リンク集