×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

子宮筋腫とは

ある日、なんとなく腹部に触れてみるとしこりのようなものがあった。

それ、子宮筋腫かもしれません。


「子宮筋腫って何?」


子宮筋腫といきなり言われてもぴんとこないですよね。

子宮筋腫とは女性なら誰にでも起こりうる病気です。

最近では若い女性の方に子宮筋腫が見られることが多いようです。

「ふーん、そうなんだ」と思っているそこのあなたも、他人事ではないんですよ?

子宮の平滑筋の中にできる筋肉の癌の塊のことを子宮筋腫といいます。

子宮筋腫の症状はほとんど無く、なかなか自分から気付くことは難しい病気です。

検診で偶然見つかるというのが多いようです。

定期的に検診を受けるのは大事ですね!

症状といった症状のない子宮筋腫ですが、突然月経の量が増え、貧血気味になったりしたら、「子宮筋腫かもしれない」と疑って早急に病院で検査を受けられることをオススメします。

他にも、巨大化した筋腫はいろいろなところを圧迫してきます。

膀胱であれば頻尿になったり、直腸であれば便秘、骨盤の神経や血管であれば腰痛などの症状がみられるようです。

どうしてそんな筋腫ができてしまうのでしょうか?

子宮筋腫は月経が始まる前の女性には発生することが少なく、月経が終わる頃になると小さくなります。

そのことから子宮筋腫と月経をおこす卵巣ホルモンは深い繋がりがあるのではないかと考えられています。

ですが、まだ謎が多いのです。子宮筋腫。

何故筋腫になる細胞の芽ができるのかや筋腫がひとつではなく複数できるケースが多いのか、といったことはわかっていません。

エストロゲンが関係あるのでは?と言われていたこともありますが、実際はあまり関係ないようですね。

医学が進歩した現代でもわからないことが人間の身体にはたくさんあるのですね。

人体の不思議…なんて言っている間に悪化したら大変!

運動ができる。仕事ができる。学校へ行ける。全部健康だからこそ。

「あれ?おかしいな」と思ったらお医者さんに相談するように日頃から気をつけておくといいかもしれませんね。






オススメサイト

100%失敗しない簡単に
二重まぶたを定着させる方法




リンク集