本文へスキップ

効果覿面!小顔矯正と小顔マッサージ

顔が大きく見える原因はさまざまです。

脂肪がついている、むくんでいる、エラが張っている、骨格が歪んでいるなどの原因があります。

顔は、体の筋肉と同じで、疲れがたまると凝ってこわばってきます。

老廃物も流れにくくなり、そのまま放っておくと、日々のむくみが定着して顔太りしてしまいます。

原因によって、改善方法もさまざまですが、顔の骨格が歪んでいて顔が大きく見える場合には、小顔矯正が有効的。

また、顔へマッサージをすることにより、むくみがとれてフェイスラインがすっきりし小顔になれるのです。

また、小顔効果だけでなく、目尻や口角を上げる効果もあります。

小顔矯正と、自分でできる小顔マッサージをお伝えします。

まず、小顔矯正には小顔効果はもちろんのこと、ピカピカの肌、顔のむくみ解消、くっきりとバランスのいい顔立ちなどを実現します。

メスや麻酔は一切使わず、安全でまったく痛みのない即効性と持続性に優れた施術といわれています。

施術後は整形手術とは違い、クールダウンタイムがないのですぐにメイクでき、すぐに仕事にも行くことができます。

では、なぜ矯正で小顔を作ることができるのでしょうか。

それは、まず頭蓋骨は23枚の骨でできています。

そのつなぎ目であるほうごう線が年齢とともに開いてきます。

それが大顔やしわの原因になります。

小顔矯正施術は骨に働きかけて、ほうごう線を詰めるだけでなく、主にエラの骨や頬骨に優しく力を加え内側に入れていきます。

いくらダイエットをしても骨格が変わらなければ小顔にも限界があります。

その限界をなくして理想の輪郭を手に入れることができます。

またほうごう線が開いたせいでリンパや血管を圧迫していた骨をあるべき位置に戻すことにより、リンパの流れや血流がよくなり、むくみが取れ顔色がよくなります。

基本的には、小顔矯正は整体院で施術できます。

しっかりとしたカウンセリングをしてくれる整体院を選ぶのが良いでしょう。

また、インターネットの口コミで探すのも良いです。

次に、自分でできる小顔マッサージです。

まず、フェイスマッサージの前にまずはマッサージクリームやオイルを手で温めてから顔全体と首に塗り、首のリンパマッサージを行ないます。

両手を首の後ろで組み、両手を首筋にそってなで下ろします。

次に、凝りをほぐすように、ある程度指先に力を入れて5〜10回繰り返します。

次に、耳の下の耳下腺を両手の中指で軽く押します。

次に、指全体を使って、耳下腺から鎖骨へと、首の両側を上から下へ軽くさすります。

次に、鎖骨に親指以外の4本指を入れて、真ん中から外へ、肩先に向かってマッサージします。

次に、鎖骨から腋の下のリンパ節へ軽くマッサージして、最後に腋の下を軽く押さえます。

これをやることにより、リンパ液の流れがスムーズになり、老廃物を排出しやすい状態になりますので、マッサージ前に必ず行いましょう .


次にフェイスマッサージのやり方です。

まず人差し指、中指、薬指の3本の腹で額の中央を強めに押し、そのままこめかみまで左右に少しずつ間隔をあけながら押します。

最後のこめかみ部分はやや弱めに押して下さい。

これを3〜4回繰り返します。次に、中指と薬指でアゴの下から口角の真横、鼻の下、口角の真横、アゴの下と、強めに押します。

これを3〜4回繰り返します。次に、小鼻の横の溝に中指の腹を押し当て、溝に沿って15〜17往復、ゆっくりとなでます。

次に人差し指、中指、薬指でアゴをはさんで、耳の下まで引き上げます。

薬指を意識して、肘を上げて行ないましょう。左右交互に3〜4回繰り返します。

目の回りは、中指の腹で目尻から順に、ソフトに撫でます。

次に中指と薬指の腹を使って、眉間の上を軽く押し、そのまま指をこめかみに移動させます。

次に、こめかみを軽く押さえ、指を耳の前まですべらせ、圧力をかけます。

次にフェイスラインに沿って耳下腺まで指をすべらせます。

この一連の流れを3〜4回繰り返します。


次に人差し指、中指、薬指の腹で押しながら、目の下からこめかみ、頬の外側を通ってアゴ先へと指をすべらせます。

次にアゴ先から目の下に向かって、筋肉を強く持ち上げます。この一連の流れを3〜4回繰り返します。

最後に次に3本指の腹を使って、鼻の脇からこめかみに向かって、頬を吊り上げるように指をすべらせます。

これも3〜4回繰り返します。実際にこのマッサージを一通りやると、5分程度でできます。

毎日継続して、小顔を目指しましょう!