本文へスキップ

二重整形のリスクと注意点

二重整形

最近では、男女ともにプチ整形を行うという方が多くなってきており、症例も年々増えてきています。
プチ整形と呼ばれるものの中には、まぶたに関するものがあります。
主に、一重まぶたや奥二重を、きれいな二重にするといった整形手術になります。
その逆に、二重から単にするといった手術もありますが、ほとんど行われないよう
です。
一重まぶたから二重まぶたにした程度では、そう変わらないようにも思えますが、
顔の印象がガラリと変わることもあります。
一重まぶたを二重にするだけでも、どことなく優しい印象を与えることもできます。
ただし、手術によって二重まぶたに出来るというのは魅力的なのですが、
手術である以上、それなりのリスクは背負わねばなりません。
化粧品のアイプチですら、目に悪影響が出ることがありますから、手術であれば後遺症といった形で手術が失敗することも十分にありえます。
今後二重にする手術を行いたいという場合には、これらのトラブルや失敗についてよく考えておく必要があります。

・埋没法の場合
簡易で安全性が高く、やり直しがきく埋没法ですが、症例が多い分だけ失敗例などもあります。
例えば、二重が元に戻ってしまったり、手術で使った糸が浮き出てしまったというのは有名な話です。
このほか、手術後に過剰に目が腫れたり、痛みを伴ったというケースも確認されています。
過去には裁判沙汰になった失敗例があり、手術で使った糸が目を損傷させたというトラブルもあったようです。
適切な処置であればそのようなことは起きにくいですが、人間である以上は名医であっても失敗は起こりうるという事を、よく覚えておきましょう。


    埋没法    埋没法

・切開法の場合
まぶたを切開して脂肪を吸引し、二重まぶたを作る手術の場合にも、失敗例やトラブルは報告されています。
まぶたの戻りはもちろんですが、切開法ですので体への負担も大きめです。
切開の跡が残ってしまう、手術後に妙に痛む、手術で目を損傷させるといった懸念は付き纏うことになります。
また、埋没法と違ってやり直しにくいので、仕上がりが気に食わないといった場合に再手術するとなると、体や目への影響が懸念されます。
ですので、当たり前ですが手術を一回で決着をつけられるように、患者と医師とで手術の成功率を上げられるよう努めていくことが大切になります。

    切開法    切開法

上記を踏まえ、二重まぶたに整形するという際には、いくつか注意したいことがあります。まず、整形を担当する医師と、整形の諸事項についてよく相談しておく必要があります。整形後の仕上がりについてはもちろんのこと、手術時のトラブル等に対する話し合いなどが必要です。
もしもの際の取り決めは、大体の場合は医師側から説明、相談されるのですが、こちらからもそういったことは事前に考えておきましょう。
また、手術方法の手順や経過、注意点などについてもよく把握しておきましょう。
とにかく、これらの整形手術によるリスクを避けるための、あるいはトラブル時の対処法についての話し合いや取り決めは、必ず行いましょう。

特に備えが無いと、トラブル時に病院側と不毛な争いを起こすことになりかねませんので注意しましょう。









                     公式サイトはコチラ