×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ


13年間アンチエイジングを行ってきたプロのエステティシャンがアンチエイジングにもなる、ほうれい線解消術を
初公開! この方法は現在までに300名以上の女性をアンチエイジングしながら、 ほうれい線のない若々しいお肌へと変える事が実証されています。 ほうれい線を自宅で簡単にとる方法


ほうれい線解消できるマウスピース

ほうれい線対策として人気の道具といえば、マウスピースです。

エステや美容外科に行くより簡単、かつ経済的にほうれい線ケアができますので多くの女性たちに人気を集めています。

さまざまなタイプが販売されていますので、自分に合ったものを選んでみましょう。


■美容マウスピースの種類

たとえば有名な商品では、ノーブル株式会社の「スリムマウスピース」や、株式会社プランドゥの「ほうれい線ヤング」、株式会社パタカラの「パタカラ」などがあります。

材質などにより値段はさまざまですが、たとえばスリムマウスピースは800円台、
メディカル用としても使われているパタカラは8,000円ほどとなっています。
作用としては、おもに以下の2タイプに分けられます。


1.筋肉をきたえるタイプ

スリムマウスピースやパタカラが、こちらのタイプになります。

口に装着してエクササイズをすることで、おもに口輪筋をきたえます。

スリムマウスピースでは、口を動かしながらエクササイズをしますが、パタカラでは基本的に口を閉じるだけで筋肉を刺激できます。

どちらも3分間が目安です。


2.内側から押し出すタイプ

ほうれい線ヤングがこのタイプになります。

上歯ぐきとくちびるの間に装着することで、口の内側からふっくらとほうれい線を伸ばすことのできるマウスピースです。

エクササイズをするのではなく、つけたままお出かけできるのが特徴。

ずれにくいため、笑っても問題がないようです。


■シーンに応じて使い分けも

使い方はそれぞれ異なりますが、いずれのタイプも継続的に使用することでほうれい線を伸ばすクセがつけられます。

たとえば家ではスリムマウスピースやパタカラでエクササイズを、お出かけ時や写真の撮影時などには、ほうれい線ヤングで変身を、と使い分けても良さそうです。

特にパタカラは、マウスピースの中でも高額なだけあって歯学博士が開発。

医学的な根拠にもとづいていますし、口輪筋のみならず顔全体の表情筋もきたえることができますので、1つ持っておいて損はないかもしれません。

なるべく注射や手術はしたくないという女性には、マウスピースは自然にほうれい線をケアできる、優れたツールといえるでしょう。




                 
      ほうれい線を自宅で簡単にとる方法