×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ


13年間アンチエイジングを行ってきたプロのエステティシャンがアンチエイジングにもなる、ほうれい線解消術を
初公開! この方法は現在までに300名以上の女性をアンチエイジングしながら、 ほうれい線のない若々しいお肌へと変える事が実証されています。 ほうれい線を自宅で簡単にとる方法


ほうれい線ができる4つの原因

ほうれい線は単なる老化現象というより、さまざまな物理的な原因が関わって表れると考えられています。

つまり、いくつになっても対策をとることで、ほうれい線は最小限に抑えることができるのです。

ここでは、代表的な原因を4つご紹介します。


■頬の筋肉のたるみ

年齢とともに、頬の筋肉を支える側頭部と口元の筋肉が衰えることで、頬の筋肉がたるんでくるのが1つの原因です。

これを防止するためには、普段意識しない顔の筋肉をきたえるエクササイズが効果的。

私たちは普段、顔に多数ある筋肉の、ほんの3割しか使っていないといわれます。

笑った時に、頬がぷるぷる震えるのは、筋肉が衰えている証拠。

口を大きく開けて発声練習をするなど、筋肉を刺激してあげましょう。



■お肌の乾燥

お肌にうるおいが足りないと、弾力がなくなり、元の状態に戻ろうとする力が足りなくなってきます。

若いうちは、何かの跡がついてもすぐ元通りになっていたのが、加齢とともになかなか消えなくなってくるのは、まさに弾力が失われているからです。

保湿ケアは、ほうれい線防止にも非常に大切ですので、しっかりとおこないましょう。


■紫外線

日焼けはシミの原因になるばかりではなく、皮膚のコラーゲンなどを破壊することからお肌のたるみにもつながります。

さらに、乾燥も進行させますので、ほうれい線の重要なファクターといえるでしょう。

外出時はかならずUVブロックをして、お肌を守ることが大切です。


■姿勢の悪さ

PCの前に座る仕事が増えたことから、ほうれい線の目立つ年齢が早まっているといわれています。

これはどういうことかというと、長時間同じ姿勢をとり続けることで肩や首がこり、その結果顔がむくんで重さが増し、肌がたるむのでほうれい線が目立つようになる、というプロセスなのです。

そのため、顔のむくみをとるツボ押しや、リンパマッサージはほうれい線ケアに非常に有効といえます。

また、デスクワークをしている女性は、適度に休憩をはさみ、首や肩をほぐす習慣をつけるようにしましょう。

どの原因がもっとも大きいかは、人によって異なります。

自分に当てはまるものがあれば、それに応じた対策をとりましょう。





                 
      ほうれい線を自宅で簡単にとる方法