本文へスキップ

小顔矯正のウソ・ホント

エステや整体などで「小顔矯正」というメニューを見かけます。

しかし、それらは医師がおこなうものではなく、医学的な根拠がないとして、消費者庁が「美容整体協会」に対して表現の誇張をあらためるよう注意をしました。

頭がい骨や顔の骨は、複数の骨が組み合わさってできているのですが、大人では、それらの継ぎ目は完全に閉じているため、整体によって「隙間をなくす」というのは間違いだそうです。

ただし、小顔マッサージはむくみを解消する効果が認められています。


■整体師という資格はない!?

まず覚えておきたいのが、整体師という国家資格はないことです。

鍼灸師や、あん摩マッサージ指圧師は国家資格なのですが、整体は民間資格があるのみとなっています。

勿論、ある程度の治療効果は医学的にも証明されており、体の不調に良い効果を及ぼすことは認められています。

ただし、小顔矯正というのはまゆつば物、というのが医学界の認識のようです。

小顔矯正をおこなう整体クリニックなどでは、加齢とともに骨同士の「縫合線」が開いてきたのを、整体によって矯正する、とうたっているところが多く見られます。

しかし実際は、縫合線が開いているのは赤ちゃんの一時期のみで、大人はしっかり閉じていることが分かっています。

そのため、小顔矯正の宣伝文句に指導がおこなわれたのです。


■小顔マッサージでむくみを解消

一方、小顔マッサージはリンパの流れを改善し、むくみをとるという物理的な作用があり、小顔効果があると考えられています。

顔がもっともむくむのは朝、起きた時です。

寝ている時は顔が心臓と同じ高さにあるため、水分がたまりやすくなり、起き上がって行動しているうちに、今度は脚のほうへ下がっていきます。

リンパマッサージなどは、朝のスキンケア時におこなうといいでしょう。

また小顔ローラーも、顔の水分を排出するのに役立ちます。

小顔矯正をおこなっているところでも、実は小顔マッサージをメインとしているお店も多いため、施術内容についてしっかりリサーチしてみましょう。