×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

リンパを流してむくみをとる小顔マッサージ法

「なぜか顔だけが太ってきた…」

そんな人は単純にリンパの流れが滞っていて、むくんでいるだけの可能性もあります。

ぜひリンパを流す小顔マッサージをおこなって、変化をたしかめてみましょう。


■マッサージ前の準備

老廃物の排出がスムーズになるように、まずはマッサージクリームで首のリンパを流しておきましょう。

基本的に、使う指は親指と小指をのぞく3本です。


1.首の後ろ、骨をはさんで左右に指を置き、襟足から下に向かって流します。

2.耳の下から、首の外側、そして鎖骨に向かってマッサージします。

3.鎖骨を指ではさむようにして、内側から外側へと流します。

4.最後に、ワキの下に集まっているリンパを揉みほぐします。

鎖骨は、リンパが動脈と交わる「出口」といわれています。

出口を先に開けておくことで、その後のマッサージ効果をより高めることが可能です。


■小顔マッサージ

皮膚の薄い目の周辺は、強く力を入れすぎないよう気をつけましょう。

こちらも、親指と小指以外の3本を使ってマッサージします。

いずれも3〜4回ほどおこなってください。



1.3本の指の腹を使って、おでこの中央からこめかみに向かって流します。

2.アゴの下から口角の横を通り、こめかみに向かって流します。

3.目じりから目の下を通って目頭、そこから目の上を通って目じりへと
  一周させます。

4.目の下からこめかみ、そしてフェイスラインに沿ってアゴまで流します。

5.小鼻からこめかみに向かって、斜めに持ち上げるようにして指をすべらせます。

できれば、クールダウンとして最初の首マッサージをおこなうと、より効果がアップ
するでしょう。


顔にたまった余分なものを流して、スッキリ小顔を手に入れてください。