×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

小顔をつくる筋肉トレーニング

キュッとしまった小顔に近づくには、顔の筋肉をきたえることも効果的です。

ボディと同様、顔も筋肉をトレーニングすることで、余分な脂肪を減らし、引き締めることができます。

自宅で思い出した時にすぐにできるエクササイズをご紹介します。


■母音を発声して表情筋を刺激!

アナウンサーがおこなっているような発音トレーニングは、滑舌を良くするのみならず顔の表情筋にも良い影響を与えます。

あ・い・う・え・お、いずれの母音も大げさなくらい大きく口を動かして発音してみることで、複数の表情筋を使うことが可能です。

「あ」では、口を思いっきり開いて丸い形を意識し、

「い」では横に広げ、頬の筋肉が上に上がるのを確認します。

「う」では口を存分にとがらせ、「え」ではアゴを刺激して二重アゴを撃退。

「お」では、上唇と鼻の下を緊張させるよう発音しましょう。

どれも、普段あまり意識しない筋肉を使うことができます。

静かなところでは、声を出さなくてもOKですので、ぜひ毎日続けてください。


■色々な表情を作って筋トレ!

顔の筋肉をきたえるには、表情をわざとらしく豊かにするのがコツです。

たとえば、目と口を思いっきり開いてみるだけでも、トレーニングになります。

大げさに驚いた時のような顔を意識してみましょう。

顔の筋肉が上下に引っ張られているのを感じるはずです。

そのまま10秒ほどキープします。

次に、すっぱいものを食べた時のように、顔全体をすぼめます。顔の中心からクシャッと縮めるようなイメージです。

そして、口を閉じたまま、ふてくされた時のようにとがらせます。

そのままの状態で、口を左右に動かしましょう。

口周りの筋肉だけで動かすつもりでおこないます。

これだけのことを毎日続けるだけでも、顔が引き締まってくるはずです。