本文へスキップ

二重まぶたの構造と種類

■二重まぶたの構造

まぶたの裏側には、「瞼板(けんばん)」
と呼ばれる細長い芯のような組織があります。
私たちが目を開ける時にかならず引き上げられる部分です。
この瞼板がまぶたの皮膚と癒着していると、目を開けた時に瞼板と共にまぶたの皮膚
も引っ張られ、二重ラインができます。
つまり瞼板と皮膚が一体となっているのが重要なポイントです。
逆にいえば、一重では瞼板とまぶたの皮膚が癒着していないため、目を開けた時に瞼板だけが引き上げられ、二重ラインができないのです。
アイプチなどで二重ラインを作っても、すぐに戻ってしまうのは皮膚同士をくっつけているだけで、
瞼板とは連動していないからです。
瞼板と皮膚とを一体化させるためには、やはり手術がもっとも確実といえます。
メスを使わずに医療用の糸で、瞼板と皮膚を結ぶのが「埋没法」、まぶたの余分な脂肪を除去した上で、瞼板と皮膚を縫合するのが「切開法」です。



       二重まぶたの構造画像

■二重まぶたの種類

二重まぶたは、その形状によって大きく3つのタイプに分かれます。

1つは「末広型」です。
目頭の二重ラインの幅は狭く、目じりにいくほど広くなっていきます。
どちらかというとややたれ目っぽく、色気のある目もとというイメージです。
東洋人にしかない「蒙古ひだ」(目頭を覆う、上まぶたの皮膚)があることで末広型になりやすく、日本人に多くみられる二重といえます。

2つめが「平行型」です。
こちらは目頭から目じりまで、一貫した幅で二重ラインができているタイプで、パッチリと大きく、可愛らしい目もとになります。手術でも人気の二重で、末広型から平行型に変える人も多いようです。

そして3つめが「奥二重」です。
二重ではあるものの、何らかの理由によってまぶたに隠れてしまい、人によっては一重に見えることもあります。まぶたが腫れぼったい、もしくは二重の幅が極端に狭い、といった理由が考えられます。
奥二重をパッチリ二重に変えるために手術を受ける人も多くみられます。

手術を受ける際には、どんな二重にしたいのかをじっくり考え、入念なカウンセリングとシミュレーションを受けられるクリニックを選びましょう。










                     公式サイトはコチラ





記事一覧
瞼のむくみとり
自然な二重
マッサージ方法
整形リスクと注意点
手術失敗例
埋没法に向かない瞼
ツボマッサージで
 二重まぶたGET!

二重手術のトラブル を未然に防ごう!
二重まぶたにする
 ための簡単な体操

目の印象はまぶた
 で決まる

モテマスカラ
まつげエクステの
 効果とデメリット

グリーンアイシャ
 ドウメイク術

瞬きで二重に!
美容大国の一重整形 の注意点
プチ整形
二重まぶたの魅力
整形手術をしないで
 二重にする方法

「二重になりたい」
 日本女子を不思議
 に思う外国人

二重の遺伝は劣性?
 優性?

アイプチの極意5か条
簡単アイメイク術
( マスカラ偏 )

クリニック選びは
 口コミを参考に

トラブル!
 二重まぶたの手術

埋没法のメリットと
 デメリット

二重瞼の魅力
アイプチのメリット
 ・デメリット

目頭切開で切れ長
 二重に

埋没法は沢山の点で
 留めるのが良い?

二重まぶたに見せる には
二重手術のトラブル
瞼のたるみに効果的
 な運動

まぶたの余分な脂肪
 を減らして二重に

プチ整形費用


 
その他の情報
ニキビについて
小顔になる方法
顔のたるみやシワを
 とる方法

ほうれい線について
乾癬について
子宮筋腫解消法
メイク方法

リンク集