本文へスキップ

埋没法は沢山の点で留めるのが良いのか?

埋没法では「2点留め」「3点留め」など耳にしますが、

               

実は、眼球に安全で優しい方法とは、できる限り少ない本数の糸で取れにくい二重をつくることです。

まぶたの中にたくさんの糸が残ると、しこりのようになり異物感が生じたり、目を閉じたときに糸玉がしこりのように見え不自然になることがあります。

また、ものもらいができた時に、まぶたにたくさんの糸が入っている状態ですと細菌がつき、感染症状がひどくなることがあります。

他にも、まぶたの裏側の粘膜が荒れてしまうなど、様々な合併症が生じる可能性があります。

優れたクリニックではたった一本の糸で非常に取れにくい二重をつくることが
できます。

まぶたに負担がかからず、安全で取れにくいため、痛みも腫れも少なくてすみます。

一本の糸を1〜1.2センチくらいの幅でループ状に留め、ループの両端が2点で留まってその点と点の間が線で留まる方法です。

何本も糸を使い、2点留め、3点留めという方法ではなく、線で留まるというのは無数の点で留まっていることになるため、たくさんの点で留める方法よりも取れにくいということになります。

ただ、まぶたのたるみが多い方は、1本の糸だけではたるみが均等に持ち上がらず、きれいな二重にならないことがあるため、内側と外側、2本の糸で2本で線で留める二針固定という方法を行うことがあります。

しかしなたら、たった1本の糸を使うだけで最も取れにくい素晴らしい方法があるというのに、なぜ点で留める方法が主流なのでしょうか?

埋没法の歴史を見ると、もともと点で留める方法でやっていたそうです。

最初は1点留めでやっていたのですが、1点だけではすぐに取れてしまうため、2点留め3点留め、4点留めのように点を増やすようになりました。

点が増えるだけ、まぶたに埋め込まれる糸が増えていくわけです。

また、1本の糸での施術は、手術の経験と手先の器用さ繊細さが必要とされるため、経験の少ない医師が誰でもすぐにできる方法ではありません。

それに対して、点で留める方法は取れやすい反面、経験の浅い医師でも比較的すぐにできる方法です。

最近では、患者を呼びこむために、料金の安い1点留めを広告に出し、実際には料金の高い2点留め、3点留めを勧めたり、使用する糸の種類によって料金をつり上げようとしているところもあるようです。

様々な情報を収集し、本当に安心できるクリニックを選びましょう。




             公式サイトはコチラ