本文へスキップ

埋没法のメリットとデメリット

二重まぶたの手術法の中で最も有名な方法に、埋没法があります。

どの様な手術法かというと、医療用の細くて溶けない糸で、目蓋の裏側の2〜3箇所を留めることにより、二重のラインを作るというものです。

メスを使わないので、傷跡が残ることがありません。

手術時間もわずか5分〜15分と非常に短く、価格が安価なことも人気の理由です。

また、従来から行われてきた二重まぶたの手術と違い、ダウンタイム(腫れる期間)がとても短く、短期間で通常の社会生活に戻れるという大きな利点もあります。


このように、埋没法はとても魅力的な手術法ですが、いいことばかりではありません。

埋没法は、一言で言えば、糸で目蓋を留めているだけなので、糸が切れると、簡単に元の状態に戻ってしまいます。

糸が切れるのがいつになるのかも人それぞれなので一概に言えず、1ヶ月で切れてしまう人もいれば、10年たっても切れない人もいます。

また、ダウンタイムが短いとは言っても、場合によっては、長期間腫れ続けることもあります。

他にも、眼球を糸の結び目で傷つけてしまう恐れもあります。

ただし、それを避ける手段があるので、手術前に医師に相談をすると良いでしょう。

以上を下記にまとめました。


★埋没法のメリット

・施術時間が短い
・従来の方法より安価である
・元の状態に戻すことが可能である
・ダウンタイムが短い
・施術した事を他の人に気づかれない


★埋没法のデメリット

・糸が切れると元の状態に戻ってしまう
・腫れが長引く場合もある
・眼球に傷がつくことがある(解決可能)



メリットだけを見ればとても魅力的な整形方法ですが、必ずしも安全で確実とは言えません。

たとえプチ整形と言っても、手術を選ぶ際はデメリットまで十分に考慮し、納得した上で受けるようにして下さい。




            公式サイトはコチラ