本文へスキップ

二重手術のトラブル

二重手術のトラブルを未然に防ごう!

一重まぶたの人なら誰もが憧れる二重まぶた。
思いきって整形をしようと思っている方は数多くいますが、手術となるとやはり
<失敗>したら…という思いから、いまいち手術に踏み込めないと思います。

では、整形手術の失敗にはどのような失敗があるのでしょうか。

まずは、実際に新聞記事にもなった内容ですが、埋没法でのトラブルです。

まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通す、埋没法の手術を受けた患者さんの眼球の
角膜に、結膜から出ている糸によってキズがつき、視力が低下してしまいました。

また、埋没法では、目がチクチクして違和感がする、まぶたを閉じると目がゴロゴロする、再手術をしたにも関わらずすぐに二重が取れてしまったなどがあるようです。

また、まぶたの手術時に医師に「もう少し顔を小さくした方がより二重がはっきりしますよ」などと言われフェイスリフトの手術もされてしまったり、まぶたには関係ない
美容商品を無理矢理勧められて買わせられたりというトラブルもあるようです。

切開法の手術でもトラブルはあります。
切開法は、メスを入れる方法なので簡単には元に戻す事が出来ません。

・目の上の脂肪を取って、まぶたをすっきりさせるつもりだったのに
 腫れがいつまでも引かずに、なかなか学校や仕事に行く事が出来なかった。
・まぶたに傷後が残ってしまった。
・二重が不自然すぎて回りに整形したのがバレバレだった。
・左右でまぶたの幅が違ってしまった。
などがあるようです。

このように整形手術には様々なトラブルがありますが、もちろん必ずしも失敗する事はありません。
成功して、理想の二重を手にした方はたくさんいます。

トラブルを未然に防ぐには、自分も知識をつける事、どのクリニックが良いのか徹底的に探す事です。

安いから、などの理由で安易に行ってしまうのはトラブルの原因になりますので、注意しましょう。

また、料金もカウンセリング時で提示された料金よりも増える事はないかしっかりと確認する事が大切です。








                     公式サイトはコチラ