×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法 ~彩式小顔整顔~手軽に出来る目力二重まぶた術

1日3分の積み重ねがあなたの二重まぶたを定着させる
正しい方法で二重まぶたを定着させるために、具体的にどうすればいいのか?

まず、目力のあるクッキリとした二重まぶたを定着させるためには、

全身が柔らかくないといけません。

「二重まぶたと体の柔らかさなんて関係あるの?」

そんなあなたの心の声が聞こえてきそうですが、二重まぶたになるには、土台が
大切です。

目の周辺やまぶたについた余分な脂肪を取り、まぶたを薄くするためには、

血液とリンパの流れが良好な状態でなければいけないのです。

なので、二重まぶたを定着させる正しい方法は、全身のストレッチから始めます。


【STEP1・全身へのアプローチ】
体の中心軸を意識して、ストレッチを行います。
足を肩幅に開き、膝をギューッと押し出すようにして、左右の膝をくっつけて
いきます。
左右の膝がくっつくところまでいったらゆっくりと上がりながら戻していきます。
これを3回繰り返します。
そうすると、足裏の外向きになっていた重心が、内側中心になります。
その状態を確認できたら、足を揃えます。
膝をギューッとゆっくり押し曲げて、屈伸します。
そしてゆっくりと膝を付けたまま上がっていきます。
ゆっくり押し出して、屈伸した時の倍の時間を掛けて、ゆっくりと戻すようにしてください。
これを3回から5回繰り返して、体の中心軸を整えます。
このストレッチを毎日続けていくと、二重まぶたを定着される土台が整うだけでは
なく、O脚も改善できますので、毎日しっかりと継続してください。

【STEP2・全身のリンパを流して無駄な脂肪を押し流す】
片手を頭の上に上げて、頭の後ろ側でもう片方の手で肘を持ち、
ギューッと引き寄せます。
呼吸を止めずに、二の腕から脇腹にかけて、引っ張られて伸びている状態にして
ください。
反対側も同じように行い、これを3回ずつ繰り返します。
この時、おへその中心が動かないように注意してください。
これで腋下リンパが緩みます。
次は、鎖骨と首のリンパを流していきます。
拳を使って、首の後ろの骨の所に手を置いて、指をひっかける感じで
引っ張ります。
この時に力が足りない場合は、肘を持って前方向に引っ張ります。
そして10秒位でパッと手を離します。
これを3回繰り返します。
次は、指で鎖骨を摩ってリンパを流します。
あまり乾燥した状態でゴリゴリと摩ると、お肌が傷ついてしまいますので、
オイルを使ったり、お風呂の中でやるのも効果的です。
鎖骨に手を掛けて、ギュっギュっと10回握ります。
反対側も同じように行います。

【STEP3・顔のリンパを流して無駄な脂肪を押し流す】
次は顔の老廃物を流すストレッチを行います。
口を大きく開けた時に、耳の後ろの部分が凹むと思うのですが、そこの部分に指を
ギューッと押し込みます。
爪で押し込むと、皮膚が傷付きますので、指の腹の部分で3秒間押し込みます。
力加減は、イタ気持ちいい程度です。
ちょっと触っただけでも痛い場合は、顔の老廃物がそうとう溜まっている状態です
ので、ここの老廃物をしっかりと流さないと、綺麗な二重まぶたにはなりません。
3秒押したら離して、もう一度3秒押したら離します。
そして最後に、10秒間押し込みます。
反対側も同じように行います。
はい、これであなたの顔全体の老廃物を押し出す道筋が整いました!
あなたの二重まぶたを定着させるための、土台がしっかりと整ったのです!!

次に、土台がしっかりと整えば、具体的に後は何をすれば良いのでしょうか?

その方法とは、「手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法」エステサロンの古田先生が考案した二重まぶた術です。

実は、古田先生も昔は一重まぶたで悩んでいたらしいのですが、今ではとてもパッチリとした二重まぶたになっておられます。
そのサロンにいらしたお客様の口コミで広がり、 今までに24,000人以上の方が体験した二重まぶたです。

古田先生の二重まぶた術では、マッサージとエクササイズが
重要なポイントです!

二重にするのにマッサージは想像がつくと思いますが、エクササイズって必要なのって思ってしまいますよね。
でも、
エクササイズこそが重要なんです! エクササイズを行うことで初めて、しっかりとした綺麗な二重まぶたが出来るんです!


      


          
公式サイトはコチラ

    古田先生からの皆様に向けてのメッセージ(動画)は、 コチラ

※上記、二重まぶたになる方法は、少し時間(日)がかかりますが、殆どの方が
成功されています。
ネットで調べればこのサイトでも掲載していますが、無料の二重まぶたになる
方法は、相当な数の情報がヒットします。

しかし、どの方法にしても重要なポイントが具体的に表現されていません。
古田先生は、惜しみなくそのポイント教えてくれています。

そのポイントを少しだけお教え致します。

 
 【重要ポイントとは】
古田先生のメッセージ動画でも少しDVDの内容をお話されていますが、どんな方法で二重まぶたにするのか?

女性にとって、お顔の悩みって色々ありますよね?

特に『目』は、顔の中でも印象に残るので、気になります。

一重だと目の印象がきつくなってしまうせいか、普通にしていても「怒ってる?」とか「機嫌が悪いの?」とか聞かれたり…。

アイメイクをする時も、普通にアイシャドーを塗ると、普段以上に瞼が腫れぼったく見えてしまい、「目をパンチされたみたい」と言われることも。

でも、アイプチをすると瞼がかぶれて、血がにじんできたり、時間が経つと剥がれてきたりする方もいます。

なので、美容整形で二重にしようと考える方もいます。

しかし、整形失敗を考えると手術には踏み切れない方が多いのです。

そこで、このDVDの内容を少しご説明します。

二重まぶたにするために、最初に取り組む事は、
『顔全体のむくみを取る』
ことです。
  
むくみを取ることは、二重まぶたを手に入れるためにはとても
重要なポイント
なります。

それでは、むくみを取る方法をご紹介します。
  1.顔全体を温める
  2.次に顔全体を冷やす
  3.これを交互に繰り返すことで、顔全体の血行を改善する

たったこれだけ!簡単でしょ?
これなら朝の洗顔タイムにできちゃいますよね^^

それからむくみ防止のために、水分を摂るのを控える方がいますが、水分を控え過ぎると体液が濃くなって、かえってむくみやすくなります。

特に寝る前の水分を控える方は多いと思いますが、過剰な水分摂取は控えた方が

良いですが、就寝前に水を飲むことは、血液がドロドロになるのを防いでくれます

し新陳代謝を高める効果もあると言われていますので、お肌には良いことです。

次に、二重のメカニズムについてです。

まず、人のお肌って日々変化していますよね?

例えばシミができたり、頬がたるんだり、シワができたり…。

そして、一度できてしまったシワってなかなかとれません。

でも、二重も言ってしまえば瞼の上のシワです。

と言うことは、瞼の上に綺麗なシワを作れば二重まぶたになります。

そして、できてしまったシワ(二重)はなかなかとれないはずです!

なのに、毎日アイプチや目細工で二重まぶたにしようと頑張っていても、なぜ、瞼に限ってシワ(二重)ができないのでしょうか?

それは、間違った方法でシワ(二重)を作ろうとしているからです。

特にアイプチや目細工は、瞼にとっても負担をかけています。

炎症が起きて腫れてしまったり、荒れて血が滲んでしまうこともあります。

それでも、二重まぶたになりたくて毎日、毎日、無理やり二重にしていると、瞼が伸びてたるんでしまい、より二重まぶたになりにくくなってしまいます。

どうしても二重にしたくて頑張っているのに、逆に二重になりにくくしてしまっているなんて悲しいですよね?
  
このDVDは、上記内容や二重まぶたにするためのストレッチ体操方法など具体的に

どうすれば良いのかマニュアル化されていますので、あなたは実践するだけです。
  
是非、お試し下さい。
          
公式サイトはコチラ