本文へスキップ

手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法 ~彩式小顔整顔~手軽に出来る目力二重まぶた術

アイプチで二重になる人とならない人の違い!
そこが二重になるためのポイント

あなたは、アイプチやメザイクといった、まぶたを二重にするアイテムを使ったことがありますか?

シールや液状のノリで、まぶたの上下をくっつけて、二重まぶたの様に見せる
アイテムです。

中には使用しているうちに、自然と二重のラインが出来て、二重まぶたが定着する人もいるようですが、ほとんどの人はそう簡単には二重まぶたになりません。

ではなぜ、アイプチやメザイクで二重まぶたになる人と、ならない人がいるのでしょうか?

使用方法にコツがあるのでしょうか?

いいえ、アイプチを使用しているうちに、二重まぶたが定着する人には、ある共通点があるのです。

それは、まぶたの厚みです!

まぶたが比較的うすく、スッキリとしている人は、アイプチやメザイクを使っているうちに、あっさりと二重まぶたになります。

ですが逆に、まぶたが厚ぼったい人は、なかなか二重まぶたにはなりません。

なぜかというと、二重まぶたというのは、まぶたを開くための筋肉の延長線上にある、挙筋腱膜という筋肉の幕が、まぶたの脂肪や眼輪筋を貫いて、皮膚表面までまぶたを開ける力が働き、その部分の皮膚が折れ曲がって、二重まぶたのラインが出来ます。

なので、まぶたが厚いと、まぶたを開ける時に挙筋腱膜がまぶたの皮膚表面まで伝わらないため、まぶたの皮膚が折れ曲がらないので二重まぶたにならないのです。

簡単に説明すると、まぶたを開く筋肉の力が、まぶたの皮膚表面に伝わり、皮膚が折れ曲がるか、折れ曲がらないかの差が、二重まぶたになるか、ならないかの差なのです。

なので二重まぶたになりたい場合は、まぶたの脂肪と肉を、うすくすることが
必要です。

逆に、まぶたが厚ぼったいうちからアイプチを使い続けてしまうと、まぶたの皮膚が伸びてしまい、ますます二重まぶたになりにくくなってしまうので、気を付けてください。

【ワンポイントアドバイス】

あなたは、「寝る前に水を飲むとむくむので控えたほうが良い。」
そう思っていませんか?

たしかに過剰な水分摂取は控えなければなりませんが、就寝前に水を飲むことは新陳代謝を高める効果があります。

二重まぶたを定着させるためには、新陳代謝が高いのは必須条件ですので、
ぜひ今夜から寝る前には水を飲むようにしてください。

                     公式サイトはコチラ