×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

手術やアイプチなどを使わずに、簡単に二重まぶたを定着させる方法 ~彩式小顔整顔~手軽に出来る目力二重まぶた術

まつげメイク編
“ マスカラをつけるコツ① ”

マスカラを上手につけるこつは、鏡を斜め45度くらいにセットしておいて視線を下向きにしましょう。

そうすることにより、まつ毛が根元まで鏡に映るのでうまく塗ることができます。

マスカラを塗る前に、軽くカーラーでまつ毛を上げてから塗るようにしましょう。

下まつ毛にマスカラを塗るポイントは、下まつ毛専用の細かいブラシのタイプのマスカラを購入しましょう。

もし、なければブラシの先端でつけるようにするとキレイに塗れます。

重ね塗りのポイントは、マスカラを塗ってから乾燥させ生乾きのときにマスカラを塗るのがポイントです

完全に乾燥させたり塗ってからすぐにつけると、液がすべってしまったり、ボテボテになってしまいます。

《 メイク中にマスカラが付いてしまった場合の対処法!! 》

綿棒などで乳液を含ませてふきとると簡単にとれます。

ファンデーションなどで隠そうとすると逆にひどくなる場合があるので注意。


“ マスカラをつけるコツ② ”

マスカラが固まってしまって、まぶたについてしまった場合には、目元メイク専用のクシでとかして落とすといいでしょう。

まつ毛の根元にクシを入れてゆっくり、とかせば固まりもあっさりとれてしまいます。

しかし、マスカラが乾いてしまっては修正するのも大変なので、乾かないうちにするようにしましょう。

「一重まぶたでマスカラを塗っても目立たない!」なんて思っている方もいらしゃるようですが、カラーマスカラを上手に使用するだけで、マスカラを十分に引き立たせることができます。

一重まぶたの人には、上まつ毛の毛先だけにグリーンやブルーのマスカラが
お勧めです。

かわいいらしい感じになるし、マスカラを十分に引きたたせてくれます。

また、上まつ毛を黒にして下まつ毛をカラーの入ったマスカラを塗るのも効果的なので覚えておいください。


“ カールを長持ちさせるには ”

ビューラーでまつ毛をカールさせてもすぐにとれてしまう。

そんな経験をしている方もたくさんいると思います××

カールを長時間保つコツは、ビューラーのゴム部分にドライヤーの温風を当ててから使用するとよいでしょう。

ヘアーアイロンと同じ原理で、まつ毛をクルンと上げる事が出来ます。


※カールが直角に折れた場合の対処法※

ビューラーの使用を失敗して、まつ毛が折れてしまった場合には、まつ毛を指で挟み軽く抑えるようにする。

そして、指の腹をすりあわせるようにして伸ばせば、指についている皮脂が癖を直してくれます。


“ まつ毛にカールをつける ”

ビューラーを使ってキレイな目元にしよう。

まつ毛に綺麗で自然なカールをつけるには、まつ毛を3つの範囲(毛先・根元・中央)わけビューラーをまぶたから離さず、手首を少しずつ上向きに移動させるのが自然なカールにさせるポイント。

ビューラーを少し斜めにむけて外側の方にひっぱるとうまくいきます。

※まつ毛のボリュームをアップさせる方法※

ビューラーでカールさせた後にマスカラを塗って少しの間、乾燥させてからもう一度ビューラーでカールさせると魅力的なボリュームアップした目元になります。

重要ポイント・・・まつ毛を3段階(毛先・根元・中央)にわけてカールさせるようにする事。